諸先進国の方からすると、日本は働いている割には経済衰退が顕著なのですが、

全体像からみてみなさんどう感じますか?

『日本人はなんでそんなに働くの?』という真意がわかる日本人は少ないと思います。

経済衰退ということは、私たちの何らかのことが衰退してるからだと思いえます。

 

日本人がどうしてそんなに働くの?という真意は、諸外国の先進国の方と話していると、

『労働時間が長い』とかそんなことではないんです。

 

家族と一緒にいないで、なんでそんなに働くの?

という意味。

もっとかみ砕くと

『家族が大事ではないんですか?』という真意があるんですよ。

労働時間とか残業とかそんな話は整備していくことであって、

その真意は、家族と一緒に過ごさない日本人が、諸外国人に映っている。

以前、小学校の副校長と面談をしたときに、

『何を大事にしていますか?』と聞かれたので

『自宅でリラックスする時間を大事にしています。』と答えたら、

 

『日本人からリラックスという言葉はなかなな聞かないですから、珍しいですね。でも、とてもいいことです。私も大事だと思っています。』

 

と。私たちは会社で、リラックスタイムなどを設けたりしているところはほとんどないのではないでしょうか?休憩時間にちゃんとゆっくりできるような時間は非常に大事ですが、飲食店などでも、休憩時間に電話をとったりします。

あれは全然休憩になりませんね。よくないです。あれを何十年も続けるのはとってもストレスです。

でも、どうでしょうか?

休憩時間も、忙しく働く人がとても『できる人』や『頼りになる人』とされ

休む人は『ダメ』なような空気が流れる。

表面上は休んでと言われても、人手不足で、結局休み返上で、仕事に出勤しなければならない。

人で不足は、どちらかというと、経営者の責任ですから、スタッフが穴埋めする必要はないと思います。

もちろん、相互協力ですから、思いあって一時的にその人手不足の難を乗り越えるのは大切ですが、

人手不足が一向に改善しない。休日出勤、ましてや、経営が上手くいかず減給やボーナスがないなど、これは、もってのほかですね。

これでは、スタッフの士気は落ちるし、外では、スタッフがこき使われてるって噂かもしれません。

こういうことって、経営者の耳に入りにくいんですよね。

スタッフも疲弊し、また、経営もうまくいかなくなります。

それでも、仕事しろ!と経営者自身が俺もそうしてきたんだ!という感覚を押し付けてしまうと

もう、元も子もない。どうしようもなくなって、ずっと会社は負のループに入ってしまいます。

 

心が癒され穏やかな心中から仕事をしていると、

依存的に仕事をする人が病んでるのがよくわかります。

誰かに承認されたくて、また、自分の心の穴を埋めるように、仕事をする。

一見素晴らしい成果を生み出していますが、果たしてそれがとても良い効果を発揮し続けるか?

また、人材育つか?は別ではないでしょうか。

また、こうなりたいなと憧れる経営者や成功者のイメージに

家族像がないと、私はどうしても、『孤独な自分本位にやってきたんだろうな』と感じてしまいます。

どんな人も、その経営者の家族を見ているっていうことなんですよね。

じゃあ、そのように仕事をしてきて、結果家族はどうなったの?家族とはどんな日々を過ごしてる?

と問うたときに、仕事仲間以外理解者がいないのは、

何か大間違いを犯しているのでは?と訴えたいのです。

仕事は成果を出すため、経済を生み出すためでありますが、

でも、私たちは、結婚して子供を持ったら、子どもを育てるために、一人の人間として家族と向き合うという作業が始まります。

仕事に依存し、ワーカーホリック的に働くのは、

仕事以外に、私は何もありませんと、それ以外の魅力はありませんというようなもの。もちろん、天から与えられた役割があるのでしょうけど。

でも、誰もその生き方、憧れない。

家族がいて、温かい空気が流れ、

そのずっとは続かない、いつかは自立していく子供たちのとの時間を大切にする。

これが、人間の醍醐味であもるのでは?仕事の成果も大事ですが、次世代の子供たちへ受け渡す愛や思い出も重要ですよね。これが、次世代にを創る大事な成果だと一番訴えたいのです。

我が子を未来の後継者へとサポートしていくことこそ本来の一番難しい成果ではないでしょうか?

もちろん、子どもを持たない役割の方もいます。

その場合は、パートナーや大切な家族や友との深い関わりが醍醐味だと思います。その関わりの難儀さがまた醍醐味だと言いたいです。

 

私達は何のために働くのか?

その仕事だけにとらわれていく人生が、どうなるのか?

いろいろな人を見て、学習しているはずです。

ただ、その人の結末を見てこうなりたくない!と感じたら、

その人と同じことをしないことです。

 

何をもって生きるか?

 

仕事でしか自分の価値が測れないのはどうなんでしょうか?

肩書も、過去の実績も、全てを手放して、

丸裸になったときに、自分そのままの姿が現れる。少し考えてみてください。

仕事ですら、自分を守る、あるいは、自分を肯定するための『道具』だとしたら、

その道具、そんなに優秀なのか?

いや、道具を使う人の信念や理念、想いがなければ、道具はただの道具に過ぎないのですよね。

 

仕事に依存する。仕事で評価を得る。

もちろん大切なこと。でも、その前に、やるべきことは、

『自分という丸裸の人間をありのまま受け入れる』という作業ではないでしょうか?

 

何もしない、ただ、丸裸の赤ん坊を受け入れるように。

あなたは、何もしない自分を受け入れられますか?

これから、老いていく自分を許してあげられますか?

 

何かしている自分の価値に置く前に、

まず、生まれたての赤ん坊のような自分をそのまま評価し受け入れることが、

『心が健康』な状態です。

優秀な人・成果主義の方ほど、欠落している、『リラックス』。

 

さて、あなたは日常の中で

リラックスタイムを大事にしていますか?

ワーカーホリックは結論から言うと、最終的に心の病になっていきます。

ご注意くださいませ(^^♪

俺の後姿を見ろ!というのは、自分勝手な想いの押し付けだということに気づきましょうね。

http://mind-reprogam.com/