男性にとって職場での不具合の原因はなにか?

NO IMAGE

男性の方で、職場において管理職や部下を持つようになったり、ある程度の立場になってくると、

・緊張型のあがり症
・赤面、多汗症、どもり
・プレゼンの苦痛
・上司との関係の不具合
・相手をやっつけてしまう

 

など、を訴える方の多くは、母親との愛着障害よりも
幼少期から青年期までの『父親との関係』が起因していることがほとんどです。
(父親との愛着障害といっていいのかもしれません。)
まだそのような書籍は出ていませんが、私の心理療法の9000症例により、それの統計が判明しています。
今の現状の不具合の原因が母親との関係だけではなく、父親との関係も男性は大いに起因することをまず、お伝えしておきます。

・父親が地元の名士
・父親がとても厳しかった(しつけの虐待があった)
・父親が自分にとって偉大で自分が父親を超えられないと勝手に思っている場合
・父親が無口でコミュニケーションに不具合があった。
・父親が情けないので父親のようになりたくないと強く思っている。

この場合は、無意識の領域で、上司がまるで当時の父親のようなイメージの父親像として錯覚してしまい、健全にコミュニケーションが取れない傾向もあります。
上司が本当にモラハラの場合もありますが、まずは、父親像と上司の存在がイメージ的に父親像と混同してないか?確認してみるのもいいでしょう。
但しそれが認識できても改善しない、努力してもストレスが増す場合は、苦痛が伴う場合は、反射的プログラムとして脳が認識してしまってるので、努力するよりも、心理療法など適切な改善にチャレンジしてみてください。
また、この場合は、リプログラミングは最適なセラピーだと思います。

※今回の場合は、男性についてです。女性は男性と逆で、母親との関係が随分起因してきます。

 

info@mind-reprogram.com