潜在意識のプログラミングとは?

潜在意識のプログラミングとは?

高橋です。今日は、潜在意識の仕組みについてちょっとだけお話しますね。

そもそも、潜在意識ってなあに?って聞かれますが、単純に言えば、私たちの普段気づいてない無意識の感覚領域のことです。

感覚的であり、実は無意識の領域ですが、非常に『感情的であり』『情緒的』でもあります。

でも、普段はほとんど気づかないのです。仕事をしているときも、寝ているときも、無意識の領域は存在するのに、気づかない。

それはなぜだろうと不思議ではありませんか?

なぜ、私たちは気づかないのか?というと、『気づくと都合が悪いから』なんです。

その無意識の領域に気づいてしまうと、自分の容量を変えていかなければならないことに気づきます。

容量というのは、ある意味、パソコンで言えばスペックのこと。器ですね。

その器を変えていかねばならないところに来ているのに、どうしてか、私たちは無意識の領域で

『現状維持』しようとする作用が起こります。

これは、宇宙科学でも知られている、ビックバンを起こす前に必ず、障壁(壁)が現れてその壁を越えていくとビックバンが起こっていくという原理があります。

要するに、何かを生み出すとき、新しくスタートするときには、宇宙レベルでも生命レベルでも、精神レベルでも、『現状維持』しようとしてその壁を突破させないようにする『何らかの作用』が働くのです。

宇宙に住んでいる限りはこれは免れません。

その障壁という壁を突破するにに、無意識の領域は、何ら頭のサインを出すと同時に、現状維持をしようとします。

また、私たちはもともと、心理的盲点(思い込み)を持っていますので、その盲点から視点を変えてくれるような助言やサポートも無意識の領域に必要なんです。

それと同時に、無意識の領域は、『特定の言語』しか作用しないのです。

これは、プログラミングにある、言語認識の違いです。

潜在意識(無意識)にもさまざまな状態がありますが、その潜在意識は『特定の言語』しか認識しないので、特定の言語を使い、不具合になっている無意識のプログラミングを変えていく作業をやってくのが、

私の編み出した、『リプログラミングセラピー』なんですね。

 

意識のプログラム上にある、不具合になってしまった言語を差し替えたり、

エラーを起こし続けているバージョンを書き換えていく作業なのです。

 

古いデータをアンインストールして、最新版をインストールするというイメージですね。

また、この特定の言語は、ある程度のテンポで認識されていきます。

すごく面白いんですね。

だので、無意識の領域のプログラミングのエラーを探し出して書き換えていく地道な作業をやっているんですね。

私たちは知らない間に、自分たちの無意識の領域と同じようなものを開発して、道具化しているんです。

全ては、自分たちの内側が具現化したものと仏教ではいいますが、本当にその通りです。

潜在意識の仕組みを聞いたときに、あれ?これ、パソコンと同じだよね?とHDをイメージしました。

 

自分が知らないうちに、そのプログラミングは構築されているのですが、

人生で行き詰まりを感じてる方、頑張ってるけど、なんだか違和感がある方。

コーチングやカウンセリング、占いでも、なんだか違うな~~と感じてる方はぜひ、リプログラミングセラピーの門をたたいてみてくださいね☆(^^♪

これは、自分で書き換えられますか?と聞かれますが、まずは、仕組みを理解してないと書き換えられません。

春からはリプログラミングの講座もスタートしますので、是非学んでみてご自身にも活用していただけたらと思います。

非常にロジカルな世界であり、スピリチュアルでもあるこの潜在意識の世界を、論理的に解釈して自分の成功のために自己実現のためにご活用くださいね。

 

※最短のご予約は3月中旬からとなっております。

お問い合わせはこちらまで。

info@mind-reprogram.com

080-3963-2319