男性更年期による鬱について

NO IMAGE

男性更年期における鬱症状についてあらためてこちらで説明したいと思います。

ご相談のご依頼で

鬱で通院されているかたもいらっしゃいますが、

もしや、男性更年期では?と疑ってよい年齢の方もいらっしゃいます。

男性更年期は

女性更年期同様、

・無気力

・不定愁訴、頭痛、めまい、肩こり

・眠れない又は眠だるい

・ネガティブな思考が巡る

中には希死念慮をいだきますが、

更年期を大抵のかたは、他人事のように考えていらっしゃいます。

しかし、誰しも万人がホルモン減少は通過していきます。

女性であれ、男性であれ、ホルモン減少はおきますから男性更年期は当たり前にあるというわけです。

もちろん、個人差はありますから

皆が更年期な悩まされてるわけではないです。

ただ、自分が更年期かも?とはわからずに悩まれたり、体力、気力が落ち、

回復しない心と体に疲れ仕事は変わらずやらねばならない、、中には

死を選択する方もいるのです。

この画像を見ていただくと

男性の50.60代の自殺率が高いですね。

どんなに元気な方も、ホルモンには勝てませんし、ホルモンは体調管理できません。

だからこそ、

疲れが抜けない、思うにいかない時、

思考が前向きにならないときは

肩の力を抜いて走り続けるだけが全てではないと新たに生き方を見直す時のサイン妥当抜け止めてみてはいかがでしょうか?

家族を自分が守らなきゃ?

自分が、、というのはある意味思い込んでいるだけではないでしょうか?

肩の荷は幻想!

スタコラサッサと逃げたり

距離をとってみたり

また、甘えてもよいのです。

絶対無理!

ということを受け入れることが

美しい加齢。

あまり気負いする必要はありません。

ゆっくり

ほっこり

手放したりしてみては?

更年期は

一旦休憩を体が教えてくれてるんですから上手に付き合っていきましょう。