未分類

1/6ページ

宮崎のヒーリングサロン・Kaname移転とありがとうイベントのお知らせ。

こんにちは。唐突ですが、 4月1日、宮崎サロンの移転イベント、ありがとうサロンの感謝祭を行います。 是非、こぞって遊びに来てください。 みなさんを癒して癒して癒しまくってくれた場所が移転となります。 あの崇高な景色とお別れの時を一緒に過ごしませんか?   さて、今日は、私が独立開業して始めたヒーリングサロン・Kanameについてこちらに書きたいと思います。 私がセラピストを始めたのは、1 […]

リプログラミングセラピー4回セットの感想をいただきました。

さゆりさんのリプログラミングセラピーを終了して 私は、いつの頃からか定かではありませんが、周りから「出来る人」だと思われていました。 実際に、それは確かに本当の事で、とりあえず何でもこなせてしまうのです。 それに、兄弟では一番上の長女だし、出席番号も4月2日だから1番で、身長も子供の頃から大きくて、 勉強も運動もそこそこできていたし、責任感も強かったりで、そういう「出来る人」にならなきゃいけないと […]

本日から、秘書対応が始まります。

おはようございます。 高橋です。 今週から、担当の秘書が、連絡等の対応をすることとなりました。 あまりにも業務が多く、大変な状況をやっとやっとやっており、レスポンスもなかなかで、時折、うっかりしてしまうこともあったので、今回、メールや連絡業務、スケジュールについて、秘書の佐藤が担当いたします。 リプログラム4回セットの最中の方は、わたくしと直接やり取り可能ですので、ご安心ください。 予約お問い合わ […]

なぜ、思い通りに生きれないか?VOL2

さて、昨日はなぜ、思い通りに生きれないかVOL1を書きました。 http://sayuri-takahashi.com/未分類/post-9341 こちらをご覧ください。     さて、今日は、その続きです。 そもそも、思い通りに生きれなかった私の前半の人生は、親の養育も元にあったのがまず一つ。 当然です。赤ちゃんで生まれてきたのですから、親に育ててもらわなければ人間は死んでし […]

なぜ、思い通りにいきれないか?VOL1

こんばんは。高橋です。 今日は、なぜ、自分が思い通りにならないか?ということを書いてみようと思います。 私は思い通りか?と聞かれたら、世間一般的には相当な思い通りな人生だと思います。 これを書いたらひがむ人もいれば、うらやましいって感じる人もいると思いますが。 それって、私は素敵なことだと思うんですよ。 私は幸せです。思い通りに生きています。自分の理想と信念に純粋に生きてるってこんな素晴らしい人生 […]

潜在意識のプログラミングとは?

高橋です。今日は、潜在意識の仕組みについてちょっとだけお話しますね。 そもそも、潜在意識ってなあに?って聞かれますが、単純に言えば、私たちの普段気づいてない無意識の感覚領域のことです。 感覚的であり、実は無意識の領域ですが、非常に『感情的であり』『情緒的』でもあります。 でも、普段はほとんど気づかないのです。仕事をしているときも、寝ているときも、無意識の領域は存在するのに、気づかない。 それはなぜ […]

あたしお母さんだからがなぜ、炎上するのか?

こんにちは。高橋です。先日ちょうど、お母さんネタを書いたところでしたが、今回も、おかあさん系のことで、なぜだか、炎上しているということを聞いて早速その歌詞を確かめてみました。 正直な気持ち、めっちゃ感動して涙がでました。 純粋に、こんなに自分が愛おしいと思える存在に出会えたことに感謝と感動の涙でした。 どうしてこんなに素晴らしい歌詞が炎上するのか?と驚きました。 私自身の子育てにおいてそのままの体 […]

感情を感じる、解放する。

今日は、感情について書いてみようと思います。 セラピストを初めて感じたのは、 大人になると『思考』が優位になるのが当然で、『感情』をおざなりにしてしまうことが日常ですね。 特にもう、若者ではないとなると、感情よりも思考で割り切って理性を働かせていかねば、社会の一員として、不調和をきたしてしまう。 そんなこと大人であれば、誰だって理解できるようなことです。 が、しかし、この理性による『思考』優位の状 […]

その悩み、本当に悩み?ですか?

おはようございます。高橋です。 今日は、クライアントさんとのやり取りで感じていたことを書いていこうと思います。 いろいろな方とお話しさせていただいていると、 それは、『悩み』なんだろうか?と冷静に感じることもあります。 また、本人はそれを悩んでいる、困っていると認識していますが、別の角度から見ると それは、自分が自分を肯定していたり、実は自分に対して自信があるからこその裏返しだったり。 心理的な側 […]

分かり合えるというおもい込み。

こんにちは。高橋です。今日は、美術家の104歳の篠田紅桃先生の映像がNHKで流れていました。 そんな篠田先生のVを見て思い出したことがありました。 私が中学生のころ、とても孤独を強く感じた時期がありました。 家庭環境や状況が機能不全状態だったのですがそれに加えて成長期であり、思春期です。 心も非常にもろくなったり、過剰反応したりします。(ホルモンには勝てません) そのころに、あまりの孤独に、夜な夜 […]

1 6